手用Ni-Ti製ファイル、エンジン駆動型Ni-Ti製ファイルおよびK-FIexファイルを用いた根管形成の比較

アクアデンタルクリニック院長の高田です。

「a comparison of root canal preparations using NiTi hand
NiTi engine-driven and K-flex endodontic instruments」

   手用Ni-Ti製ファイル、エンジン駆動型Ni-Ti製ファイルおよび
K-FIexファイルを用いた根管形成の比較

 根管治療の英語論文を読みました。

学んだ内容

本研究は、手用NiTi製ファイル、エンジン駆動型NiTi製ファイル、
および手用ステンレススチール製ファイルによる根管形成を比較するために
駆動型改良型Bramante法とテジタル減算ソフトウェアを用いた。

60根のヒト下顎大臼歯抜去園の近心根を、無作為に5群に分類した。

歯根は、透明レジンに包理した後、根尖部と根中央部において横断した。

実験詳Aにおいては、K-Flexファイルを用い
ターンアンドプル法で根管を形成した。

実験群Bにおいては、手用NiTiファイル(mity)を用い実験群Aと同様に
ターンアンドプル法で根管形成した。

実験群cはエンジン駆動型NiTi製ファイル(NTsensor)で形成した。

実験群Dは手用NiTi製ファイル(NT sensor lightspeed)および
手用NiTi1製ファイルはk-flexやmityファイルにより、

根管の偏位(トランスポーテーション)を有意に小さく(Pく005)、
根管中心を有意に保持し、

象牙物切削量も有第に少なく、そしてよリ円形に近く根管形成していた。

NT sensorとlightspeedによるエンジン駆動を用いた根管形成は、
手用ファイルよリ有意に早く根管形成できた..

この論文から エンジン駆動型のファイル形成の方が 手用ファイルより
早く根管拡大ができることが分かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。