下顎運動と咬合面形態

院長の高田です。

「下顎運動と咬合面形態」の本を読んでいます。

内容は

下顎運動と咬合面形態

全額にわたる補綴を行う場合 プロビジョナル レストレーションによって
咬頭嵌合位をとる下顎位が決まり前歯誘導が確立される。

補綴物に与える咬合の原則
 
・安定した咬頭嵌合位を与える

・前方、側方運動時、臼歯部に適切な
 ディスクルージョンを与える

咬合器の咬合の決定要素と 咬合器に移行させるために必要な操作

・上顎歯列の位置付け    フェイスボウ・トランスファー

・下顎歯列の位置付け    咬合採得(中心位  咬頭嵌合位)

・前方決定要素       残存歯 プロビジョナルレストレーション

・後方決定要素       チェックバイト

補綴前処置を再考する

院長の高田です。

「補綴前処置を再考する」を読み終わりました。

内容は

・力学的要素と その不備により起こる結果

・補綴治療における構造力学
・フェルールの重要性

・抜歯基準の指標
・矯正的挺出の選択指標

・歯周外科の選択指標

・フェルールの位置と形態

などを学びました。

診療に生かしたいと思います。