湾曲根管を根管形成するための バランスドフォースのコンセプト

アクアデンタルクリニック院長の高田です。

「The balanced force concept for instrumentation of curved canals」

   湾曲根管を根管形成するための バランスドフォースのコンセプト

 根管治療の英語論文を読みました。

学んだ内容

根管の湾曲はつねに根管形成をややこしいものにしている。

そこで12年以上の試行錯誤の実験から開発したバランスドフォースのコンセプトを、
湾曲の影響を克服するための手段として提案する。

このコンセプトは根管の湾曲に関連して生じる望ましからざる過剰切削を
制御可能な力の大きさを用いている。

正回転は基準となる力の大きさを維持する手段となり、
そして逆方向へ回転することにより術者による有限制御が与えられる。

コンセプトの各ステップを、図表評価、数理計算、曲けモ-メント、
研究用根管、薄切歯、および臨床工ックス線写真として記録して本論文に示した。

そのコンセプトは、新設計のKファイルを導入することで、実現可能となる。

この論文から、湾曲根管にはバランス度フォーステクニックが有効であることが
分かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。