profile 04 series29 NiTi製ロータリーファイルの 模擬根管における根管形成能

アクアデンタルクリニック院長の高田です。

「Shaping ability of profile 04 taper series 29 rotary nickel-titanium instruments
in simulated root canals」

   profile 04 series29 niTi製ロータリーファイルの
   模擬根管における根管形成能

 根管治療の英語論文を読みました。

学んだ内容
本研究の目的は、profile 04 series29NiTi製ロ-タリーファイルの
根管形硯能を測定することであった。

湾曲の角度と位置の異なった4種類の形状を有するように作
成された合計40の模擬根管を、
ステップダウン形成を用いてprofileファイルで根管形成した。

この2部構成レポートの第1部では、根形成時聞、ファイルの破損、
根管の閉塞、根管長の短縮化および三次元的な形成後の根管形態に
関するこのファイルの効率を述べる。

根管形成に要した時間は根管形状による有意な影響は受けなかった。
ファイルの破忻は生しなかったが、計52本のファイルが変形していた。

サイズ6のファイルがもっとも多数変形し、続いてファイルサイス5、3、
および4の順に変形の頻度か高かった。

根管の形状はファイルの変形に有意な影響を与えなかった。

いすれの根管もデブリーによる閉塞は生しておらす、
そして:根管形成による)作業長の短確化は平均0.5mm以下であった。

形成した根管の管腔内の様相は、はとんどの根管において明確なアビカルストップ、
滑らかな根管および見事に移行的なテーバーを呈していた。

Profile0.4series29NiTi製ロータリーファイルは速やかに根管形成し、
そして見事な三次元的形状を根管に作成した。

相当数のファイルが変形したが、本実験モデルの性質上、
そして設計上の固有の欠点のために、この変形現象か起きたかどうかの明確化はできなかった。

この論文を読んで、ロータリーファイルが変形することはあるが、根管形成には影響が無かった。
変形現象がおきれば すみやかにロータリーファイルを取り換えることを決めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。