アクアデンタルクリニック

根管治療(根っこの治療)

歯を長持ちさせるには、きっちりした根管治療が重要です。

根管治療とは

根っこの治療(根管治療)とは、根管治療とも呼ばれ、神経まで虫歯が到達してしまった場合、神経の通る管の神経を取り除き、中をキレイにする治療のことです。

根管治療とは

神経治療の目的は、死んでしまった神経をきれいに取り除き、無菌的にその管を封鎖して、唾液の中の細菌の進入を防止することです。


肉眼では見えない根管を正確に治療するために

拡大鏡精密根管治療とは、従来の肉眼で行う根幹治療と異なり、正確な診査・診断を行い、拡大鏡(2.5倍のルーペ)を使用し、肉眼では確認できない根の奥底まで見ながら治療していきます。


根管治療の流れ

根管治療の流れ虫歯を除去し、神経を取り除きます。

その後、歯根の長さを測ります。


根管治療の流れ根の管をきれいにします。


根管治療の流れ根の中を洗浄し、消毒します。


根管治療の流れ根管にすき間なく充填剤を流し込み、
歯根を密封します。


根管治療の流れ土台を構築し、
クラウン(被せ物)を被せます。

症例1 右下の奥歯の痛みと腫れを訴えて来られた患者さんです

Before

左図に示すように、根っこの先に病巣が出来ていたため、被せ物を外して根の治療を行いました。

After

根っこの消毒を繰り返し、痛みもおさまり腫れも引いたので、根っこに充填剤を入れました。

根っこの先の骨が再生しています 。

症例2

Before

左下の奥歯に根尖病巣があり、咬むと痛みが出るため根管治療を開始。


根っこの中の感染物質をきれいに掃除。

根っこの先まで器具で清掃できているかレントゲンで確認。

After

症状も治まったため、根っこに充填剤を入れて被せ物を入れました。

根っこの先の骨が再生しています。