アクアデンタルクリニック

アクアキッズクラブ

アクアキッズクラブ    楽しいおもちゃがある院内は、
    子供たちにとって
楽しい場所


子供が好きなおもちゃがたくさんあり、子供に嬉しい工夫がいっぱいの歯医者さん。

おもちゃで遊んでから診察台にゴロンと寝転ぶとDVDを見ているうちに治療は終了。

子供たちは おもちゃをもらって帰っていきます。


「おもちゃがもらえて、歯がきれいになった」という喜びで
いっぱいになれる素晴らしい歯科医院


「アクアキッズクラブ」はお子様の歯を守るクラブです。

これからは「虫歯になってから治す」よりも「虫歯にならないようにする」時代


CHANGE YOUR SMILE

それにはなんと言っても小さな頃からの虫歯予防が重要です。
キッズクラブは、お子さんが虫歯にならないように歯を守る習慣を身につけてもらうことを目的としています。


「早い時期に治療をすればするほど、
       歯の寿命は短くなります」

そうした治療の繰り返しを経て、神経をとることになったり、詰め物からかぶせ物になったりして、将来、歯が無くなってしまうのです。


アクアキッズクラブ『このようにならないために、削らないでいいように虫歯にしない、虫歯のない子供を増やしたい』と思っています。

知られざる虫歯予防のメリット!!(子供は3歳までが勝負!)

虫歯になる人生か、虫歯にならない人生かが、実は1歳半~3歳の間に決まります。

それは虫歯菌(ミュータンス)がお口の中に感染するのが、1歳半~3歳だからです。

生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌はいないのです。

では、どこから感染してしますかというと・・・・

1位 お母さん
2位 お父さん
3位 おじいちゃん、おばあちゃん

ですから、お子様の歯の予防を始める前に両親の歯のケアをした方が、結果的にお子様の歯を守れます
「最近、歯のチェックしていないな~」
という方は今すぐ、チェックしてもらいましょう。

3歳までに虫歯ゼロ、良いかみ合わせ、定期的な予防週間を身につけることがとても大事です。

虫歯の原因は?

  1. 虫歯の原因虫歯菌(ミュータンス)の量
  2. 歯を守る力:歯の質、だ液
  3. 食生活週間:砂糖・食事回数
  4. 時間

虫歯のリスク検査について

上記のような虫歯の原因のうち、あなたのお子さんはどのリスクが高いかを調べることができます。虫歯になりやすいリスクが何であるかが分かれば、それぞれのお子さんに合った虫歯予防法を実践することができます。

具体的には

  1. 虫歯菌(ミュータンス)の量
  2. だ液の量
  3. だ液の質
  4. 歯の質(フッ素の使用)
  5. 食生活習慣
  6. 虫歯になったことがあるかどうか

を調べます。

虫歯のリスクテストは だ液を使った簡単な検査です。

是非、一度は受けておきましょう。

食生活の重要性

だ液は、虫歯から守ってくれる働きがあります。

  • 虫歯菌や、食べかすを洗い流す働き
  • お口の中の酸性状態を中性に戻す働き(だ液の緩衝能と言います)
  • 虫歯になりかけた歯を再石灰化する働き

だ液の作用

食事をするとお口の中が酸性になります(下図の赤い部分)

だ液がそれを中性に戻して、歯が溶けたところを元に戻そうとします(下図の青い部分)

ところが、下図の右のようにダラダラ間食をしながら食べていると、お口の中がずっと酸性のままになり、虫歯になってしまうリスクが高くなります。

規則正しい食生活が大切です。

飲食とお口の中のpH変化