高解像度CTにより評価された根管形成後の根管形態の変化

アクアデンタルクリニック院長の高田です。

「Changes in root canal geometry after preparation assessed by
High-resolution computed tomography」

高解像度CTにより評価された根管形成後の根管形態の変化
 
   
 根管治療の論文を読みました。

学んだ内容

根管の解剖学的形態は根管形成中に変化し、これらの変化は用いる術式によリ 
おそらく異なってくるであろう。

そうした変化を根管形成前後の断面を計測することによりin vivoにおいて研究した。

今回のこの研究では、根管形成後の根管編における変化を評価するために、
非破県的に評価可能な高解像度CTを用いた.

マイクロスキャナを抜去歯6歯における18根管の解析のために用いた。

根管は、Kファイル、lightspeedファイル、
およびprofile04ロータリーファイルを用いた根管形成の術前・術後において
それそれスキャンされた。

特別な据え付け装置を用いることで、根管形成後の標本を
正確に再配置し、スキャンすることが可能であった。

それそれの根管の形成前後の表面積(deAinmmin mm)
体積(deItaVⅲmm)の相違は特注のソフトウェアを用いて計算された。

deItaVは、1.61土07の平均で、値の範囲は.064から2.86であリ、
一方、deItaAは4.16土2.63の平均で、値の範囲は072から9.66であった。

Kファイル、Lightspeedファイル、およびロータリーファイルのdelkavとdeltaaの平均値は、
それぞれ298であった。

根管の解剖学的膨態と根管形成の影響は、さらに構造モデル指標と
the transportation of centers of massを用いて解析された。

本研究条件下では、術式それ自体よリも術前のいろいろな根管形状か、
根管形成中の変化にさらに影響を及ぼしていた。

したがって、根響の解割学的形態に対する根管形成器員の影響を比較する研究では、
術前の根青形状のディテールも考慮すべきであると考えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。