根管形成用Ni-Ti製ファイルの繰り返し疲労試験

アクアデンタルクリニック院長の高田です。

「cyclic fatigue testing of nickel-titanium endodontic instruments」
   根管形成用Ni-Ti製ファイルの繰り返し疲労試験

 根管治療の英語論文を読みました。

学んだ内容

ライトスビードファイル破折時における根管の湾曲と動作速度の影響を測定することから、
根管形成用NiTi製ロ-タリーエンジン器具の繰リ返し疲労を検素した。

湾曲角度と湾曲半径の両方を測定可能な新しい根管湾曲度評価法が導入された。

湾曲角度30° 45°および60°そして湾曲半径2mmもしくは5mmという仕様の
6種のステンレススチ-ル製のガイド管で、湾曲根管を実験的に再現した。

30号と40号のライトスヒ-ドファイルは、ガイドチュープに挿入され、
そしてmangtrolトルクスピード計測計のロ金にファイルヘッドを固定した。

模擬様作荷重は10g/cmを適用した。

ファイルは、破析するまで750、1300、あるいは2000rpmの回転数で
試験装置のなかを自由に回転作可能であった。

破折時の破壊寿命を測定した。

破壊寿命は回転数の影響を受けなかつなファイルは先端部で破折せずに、
むしろガイドチュープの湾曲中心点に相当するファイル柄の最大屈曲点で破折した。

同一実験条件下では、30号ファイルと比べてよリ太い
40号ファイルのほうが有意に破壊寿命が短かった。

湾曲半径が5mmから2mmに減少した場合、
そして湾曲度が30。以上の場合も同様に破壊寿命が短くなることが、
多変量解析の結果より示された(Pく005、power=09)。

走査型電子類徹鏡を用いた評価は疲労破折の様式として延性破沂を示した。

これらの結果から、根管形成用Ni-Ti製ロータリーエンジン器具破折の目安としては、
動作速度よリも湾曲半径、湾曲角度、および器具サイズが重要であることがわかった。

本研究は、周期的疲労破壊の技術コンセプトを支持するものであり、
そしてNiTi製ロータリーファイルの規格化破壊試験を行うためには、
湾曲状態において動的なファイル操作を考慮して行うべきであると示唆している。

本研究結果は、根管形成評価の際には、ひとつの独立変数として湾曲半径の影響を考慮すべきであることを示唆した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。